見せ合いとは

見せ合い、という言葉から「電話を使う」というのは何となく連想されますが、耳に馴染んでいない方であれば、具体的にはどんなものであるのか、一言では良く解らないかと思います。

風俗業界の用語だと、勘違いしている人も居るのではないでしょうか。

そこで、ここでは、「見せ合いとは一体なんなのか?」を紹介していきたいと思います。

見せ合いとは、遠隔距離にいる男女が電話などの通信機器を使って情事をするというものです。

原点にさかのぼると、男女を結んでいたのは電話でしたが、現在ではインターネットなどを利用してウェブカメラなどでテレビ電話の感覚で、相手の顔を見ながら行うことも増えているようです。

相手の声だけでなく、相手の動きをみながら行為に耽るということで、声だけでは伝わらない臨場感も実現しました。

単身赴任で離れて暮らしている夫婦や、得距離恋愛中のカップルなども、見せ合いを行っているようですが、現在では、見知らぬもの同士が性欲を発散するために利用している場合が大半のようです。

相手の声や、相手の発する音で欲情する……、実際に見せ合いを行った事の無い人であれば、なかなか感覚的には理解しがたいかもしれません。

しかし、実際に相手の声や音に耳を済まして、エクスタシーを感じるというのも、思いのほか興奮するといいます。むしろ、想像力が掻き立てられるそうです。

人間には、誰しも性欲があります。

その欲求を様々な形で解消しようとし、今日に至ります。

そうした人間の性への探求のうちに、時代の試行錯誤の末、新たな活路として生まれたのが「見せ合い」なのです。

見せ合いオナニーの魅力

ちょっと知的で大人の遊び「見せ合い」。

見せ合いをすることで、日々の悶々とした気持ちを“刺激的に”解消できるでしょう。

無理に場所や食事などの予約をしなくても、見せ合いであれば、保護路の欲求不満を解消でき、本物のセックスのような臨場感を、電話やインターネット回線を通じて体感できます。

そして、お互いの個人情報の最小限を伝えるだけで、後は伏せておくことができるのも魅力です。

一時の欲求を満たすことに長けている見せ合いですが、デートやプレゼントといった男女の愛の育みこそ乏しいですが、最近では大いに“アリ”の男女の関係のようです。

では、具体的に、見せ合いではどこまでが“アリ”で、どこまでが“ナシ”なのでしょうか?

ここでは、一体見せ合いでエッチを疑似体験している男女のリテラシーについて、少し説明していきたいと思います。

まず、人間には性欲について考える必要があります。

人間として生まれたからには、「何かを食べたい」ときに思い抱く食欲や、眠くなったら「寝たい」思い抱く睡眠欲など、様々な欲求が生活のうちに出てきます。

そのなかで、誰かの力を借りないと満たすことが出来ない欲求があります。

それが「性欲」です。

性欲は、自分と相手とが合意の下で、はじめてお互いに解消が出来るものです。

しかし、実際に性欲を満たすために、男女がセックスをするということには「妊娠」や「性病」といった、様々なリスクがあることは周知の事実かと思います。

見せ合いであれば、お互いに身体を直接触れ合うことがありませんから、相手を妊娠させることも、相手に病気をうつしてしまうこともありません。

また、夫婦や恋人が居る状態でも、相手と直接身体の関係を持つわけではありませんので、人間関係がもつれて、パートナーを傷つけるリスクも軽減できるでしょう。

つまり、見せ合いとは、純粋に自分と相手の性欲を、声や音で「聞いたり」、そして最近ではウェブカメラなどの動画を「見たり」することで、性欲を解消できる画期的で魅力的なツールなのです。